CB750K0 4万km走行エンジンオーバーホールでエンジン下ろしました本日は時間があったのでおろしたエンジンを見積もりのためクランクケースまでばらしてメタルの摩耗確認まで出来ました、40,000キロ走行ですがシリンダーの摩耗は状態が良いのでピストンリング交換で問題なさそうです、カムチェーン確認は問題ないですがオーバーホールのため交換します、バルブイン側は擦り合わせで再使用・エキゾーストバルブはバルブ、バルブシート異常磨耗の為新品に交換、シートカットします、エンジンの中は当時のオイルのため黒いカーボン付着たくさんありますのでエンジンの中は90度のスティーム洗車で洗浄しますミッションのベアリングは確認は問題ないですが新品に交換しますシフトフォーク異常な磨耗ないのでそのまま使用します今回交換部品はまだ純正部品が本田にあります40年経つ車両ですが部品が出るので助かります